Typhoon Love

ベースを弾きながら将来のことを考えたい。

環境の獣(a feeling of profound love and admiration)

知り合いがプリキュアアラモードにお熱なので、付き添いという名目でプリキュアオンリーイベントに行って来た帰りの車内でこれを書いています。

 

こういう同人イベントに参加したのは数年前の仙コミが確か初で、今回は東京で行われたレインボーフレーバー17というやつに行って来ました。

 

開場列に並んだ時点で、最近見てなかったオールドスクールなオタクがたくさん居て圧倒されてしまいましたが、よく考えたら私も何も変わらないよな、と思い楽しく参加できました。

せっかくなので数冊買ってみましたが同人誌なんて買うのは高校生ぶりとかその辺だなあ。

 

参加しているみなさん差はあれど皆楽しそうで、なんだか気分良く過ごせました。マンガとかアニメとかの創作活動とそれに関わる活動における歓びというのはたくさん人が関わったりメディアを通過するほど濁ったり捻れたりする印象があるのですが、割と根もとのほうの歓びが渦巻いていたような気がしました。素人なので的はずれかもしれませんが。

 

やりたいことそのものの素材を磨けばいいものを、よく見せようとするがあまり的はずれな装飾を付け足してしまって台無しになったりすることは音楽とかでも良くあることですが(自分でも良くあることです)、あまりそういうのがないフィールドに触れられて良かったです。

 

東京駅で芋羊羹を買ったので、家に着いたら食べます。

けっこう久しぶりに図書館に行ってきました。

 

図書館とはいってもいわゆる複合型文化施設みたいなところで、展覧会なんかも行われたりしていて、それで今は「マルセル・ブロイヤーの家具」展が絶賛開催中なんて聞いたものですからそんなに遠くないし、いっちょ行ってみっかという勢いで行ってきました。

 

美術館じゃないのでそんなに広くないんですけど、観覧料300円の割にはキャプションとか展示方法とかもしっかりしていて、数は少ないながらも見応えがありました。私はすぐに疲れてしまうので正直これくらいがちょうどいいなって感じでした。

マルセル・ブロイヤーって誰だよと思うかもしれませんが私も全く知りません。会場の説明書きを見ると20世紀前半くらいに建築とか家具デザインで活躍した人なんだそうです。

今回はその中でも1920年代あたりに椅子とかをバンバン作ってたころの仕事をまとめた展らしいです。後期は建築のほうがメインだったみたいなので、若い頃のやつ、ってことですね。

ウィキペディアを見たら、モジュール構造と単一形態の重要性を提示したモダニズムの父のひとり、と書いてありましたが分からない言葉が3つくらいあるので意味わかんねーなって思います。

たぶんゴテゴテした彫刻とか装飾とかついた家具じゃなくて、ちゃんと寸法とか規格とか決めて同じものをたくさん作るほうが俺は好きだな、俺それでもカッコいいもの作れるしって思った人(そしてそれがウケた人)ってことかもしれません。たぶん。

 

モノは確かにイケてましたし、そもそもこの年代に金属のパイプとか曲げ合板とかあったんスね〜って驚きもありました。ワシリーチェアってのが有名らしいです。ぱっと見キャンプの椅子みたいですけど。

 

そのあとは仕事のメモをまとめたり本借りたりして帰りました。

前来た時は本少ないなーって思いましたが増えてました。それでも書架はスカスカですけど。がんばってほしい。

 

けっこう居心地がよかったのでまた行きたいと思います。本がタダで読めるってサイコーですね。CDはそうもいかねえんだよな。

 

本もCDもほとんど買わなくなったのに毎月じりじりと貯金が減るのが結構精神にきます。

家庭に入れるお金を減らすわけにはいかないので、収入を増やすしかないんですが、私の勤める会社は昇給が基本的に無いので副業かなにかをするしかないような気もします。資産運用するほどの元手もなく。ちゃんと調べたほうがいい気がします。

 

iPhoneが6から7になりました。

あんまり変わらないですがとりあえず電池が保つようになったのが何より嬉しいです。

 

今月は無駄遣いチャンスが多いので、熟慮して行動したいと思います。

 

くれない園

キラキラプリキュアアラモードにお熱なので、仙台のベニーランドに行ってキャラクターショーを観てきました。

 

昔仕事の関係でキャラクターショーなどのイベントに関わらせていただいていたのですが、プライベートで観るというのはたしか初めてのことでした。

 

1ステの途中からと、2ステの最初から観ましたが、うわっ本物だ!って思いました。雨天のため、本来の野外ステージではなくアーケード状になっているやや狭いスペースに変更になっていたせいでとても近く感じました。

 

キャストの動きもとても良くて、ショコラなんかは足が長いし仕草もキマッていて素晴らしかったです。

話の内容的にはジェラートとカスタードあたりは結構空気だったのが残念でしたが(私はカスタードが好きです)、声も本物で(ショーによっては違う時もあるのです)よくまとまっていたと思います。

ショー終わりにはしっかりダンスまでしてくれて大満足でした。パルフェは練習時間あんまりなかったっぽかったですがご愛嬌。私も覚えたい。

 

握手会は全員でなくパルフェとホイップのみ。それだけがとても悔しかったです(私はカスタードが好きです)。撮影会だと嬉しかったのですが、お客さんの人数的に厳しかったのかな。

 

1ステ、2ステともに参加しましたが大変緊張しました。個人的にはこういう時に「暑いのに大変でしょ〜w」みたいな中の人を意識させる発言は演者のモチベーションを損なう上、周りのお子さんに対してデリカシーに欠けると思っているので、きちんとプリキュアとして応援してあげようと思っていましたが自分の番が近づくと何を話していいかわからなくなりますね。

結局、かっこよかったよ!かわいかったよ!くらいしか話すことはできませんでしたがしっかりと握手をしていただきましたし、2回とも「カスタードによろしく言っておいてね!」と念を押しておいたので満足でした(私はカスタードが好きです)。

 

あいにくの雨でしたので、今度行く機会があれば晴れで涼しい日がいいなあなんて思いました。舞台やライブと違って、複数の場所で同時に開催できる上地方でもやってくれますし、大抵無料なのでエンタメとして超優秀だなと思いました。

カスタードとツーショットを撮るのを目標にしたいと思っています。なぜなら私はカスタードが好きだからです。

 

bandage

やっとタイヤ買いました。

もう怯えながら運転するのはまっぴらだ!と軽く気合を入れ、今日スーッと買って換えてきました。胸のつかえが取れた。

和解金も多分スーッと何に使ったか後から思い出せない感じに無くなっていく予感がしたので今しかないと思えました。

 

待ち時間に近くのブックオフに行ったらランディVベースが108円で売っていたので買ってしまいました。

缶ジュースより安い。

とりあえず店頭でネックの反りとフレットの音詰まりだけ確認したので大丈夫だと思いますが、トラスロッドの余裕とかが心配。

木部が大丈夫ならあとはなんとでもなるので。

 

いつもは瞬発力でリペアしてしまうのですが、実家を離れたのでそういうわけにもいかないということで、いつもと違ってじっくり仕上げて行きたいです。

 

とりあえず店員さん曰く、ピックアップが固定されてないとかエスカッションのネジがないとかで108円らしいので、早くバラして中身見てみたいです。コントロールもよくわからんのですが3wayスイッチとツマミが3つついてました。ピックアップはオリジナルのハムが2基載っていて、そちらの生死も確認しないといけません。

 

色はあんまりかっこよくない明るい赤でしたのでこちらもリフィニッシュしたいです。

でもネック〜ヘッド裏まで赤なので、そのあたりネックに負担をかけずにできるかなあという心配があります。

アノダイズドピックガードなので、渋めのクリームとかサンバーストが合う気がします。黒はもうあるのでダメっ

 

ともかく楽しみが増えました。そのうちお披露目できるといいね。

季節外れの早贄

昨日は散々宣伝したライブでした。

来てくださったお客様、対バンの皆様、スタッフの皆様、来られなかったけど前向きに見守ってくださっていた皆様どうもありがとうございました。

 

久しぶりの昭和でさらに4人だったので随分広く感じるかなと思ったんですが個人的にはちょうどいいというかやりやすいなって思いました。

 

やった曲は

(イトーくんの宣伝)

SE(寺尾聡「ほんとに久しぶりだね」)

スカトロ☆グーニーズのテーマ
すきすきダイナマイト
恋の☆HIKIGANE
Zipang Dancer Mariage
大道芸人なりのクロスソウル
うんちんぐバックホーム
ロリズム

 

でした。

待ち時間パンパンでやったのでとても疲れました。でも久しぶりにしてはまあまあかなって。

でも来てくれた人に歳には勝てないね、みたいなことを言われたのでとても悔しかったです(個人的にはそう思わせないことが課題だったので)

 

リハ時間たっぷりあったんですが、それでもモニター環境を追い込めなかったのも悔しかったです。アッシュダウンってあんなにモコモコしてたかなあと思ったんですが、録音聴いてみたら外音もモコモコしてたので、単に音作りが下手だったのかもしれません。

 

服も髪もメイクもだいぶカッコいい感じになったので安心しました。髪やってくれた上、写真を撮ってくれた妻に感謝いたします。

昨日のために走ったり筋トレしたりしたのが多少は報われたかなと。

 

f:id:kishioni:20170731122642j:image

f:id:kishioni:20170731124405j:image

 f:id:kishioni:20170731124412j:image

風をあつめて…

風にきえないで…

 

バッヂはむかーしゾゾタウンの送られてきたポイントで買った星のピンズと、MANIC STATEと青江さんでした。

エクステつけて黒系メイクすると誰でも石井秀仁感が出てしまう気がしました。それでもパクりっぽくならないのは他のメンバーが全然違う出で立ちだからだと思います。好き勝手させてくれてありがとう。

 

次回のライブ予定はありません。

某人から9月にいかがと誘われたのですがカリガリ野音と被ってしまったので泣く泣くお断りさせていただいたのでまた必ず共演したいなと思います。

フルメンバーを観たいという声もありましたのでそういう風向きになることを私も祈ります。

 

絶賛社会人になってから初めての夏休みなのですが何にもやることないです。のらのらちゅんとLUNA SEAかXのコピバンしたいな〜

 

原罪ストイック

〈以下、具体名や詳しい状況ですとかは念のため伏せさせていただきます〉

 

私は去年の10月に前職を辞めまして…

 

Twitterなどで見ていた方はわかると思いますが、前職は私にとってだいぶ過酷な環境でして、心身的にも金銭的にもキツいものがありました。

そのさらに一つ前の仕事を辞めたとき(そもそも辞めすぎだという点は目を瞑っていただきたい)から、色々と苦難が重なりいわゆる鬱状態になりまして、それでもやっぱり生きていくには仕事はせねばならないので、とりあえず自分の精神に負担がかからない仕事を安くてもいいからやろう、と思い、決めたのが前職でした。

 

最初の1,2ヶ月は穏やかだった気がしますが、私が少し溌剌と振る舞いすぎたからか、当初定められた業務以外の仕事を少しずつあてがわれるようになり、一年も経つ頃にはどうやら役職に就かせたいようだぞと分かるほどになりました。分かりやすく言うと、上が楽するがために大変な立場を私に任せたろうという姿勢が見え見えだったということです。

 

また、不可思議な点として、タイムカードが存在しないことなども挙げられます。

出勤は日付に印を押すのみで、詳細な時間の管理は一切行われず、当然早出・残業しても残業代は出ませんでした。休憩もまちまち。

 

2年目前後からは仕事量、圧力共にさらに増え、もともと限界を超えていたところがさらにぺしゃんこになってしまい、なんとか結局去年の10月で辞めることができました。

 

そしてその後、私は労働基準監督署に相談に行き、未払いの残業代を支払うよう指導をお願いしました。私が働いた2年と数ヶ月は本当に無駄で、その時間は返ってきませんがせめてその時間と労力の結晶であるお金だけでも、と思ったのです。

 

しかし、結果は芳しくなく、ごく少額の金額を提示されたのみ。(それでも残業はほぼ無くなったらしいので、残された仲の良い従業員の皆さんにとって少しでも力になれていたのなら嬉しいです)

 

この金額で納得いただけないのなら裁判になりますが、と労基の方から言われ、父に相談し、弁護士を紹介してもらい、裁判を起こしたのが1月のことです。

 

それから5ヶ月ほど経ち、先月に裁判が終了しました。結果は和解。

言い換えると引き分けですね。

在職時、タイムカードは存在しませんでしたが、私は退勤時にスマホで車の中から事務所の写真を撮る習慣をつけていました。時間がわかるよう、車の時計が映り込むように。

それらの画像から時間を割り出したものを証拠とし、さらに退職者からの証言等もすぐに用意できるようにしていたのですが、証拠として弱かった、とのことです。

 

タイムカードのように、相互が認識しているものでなければ証拠能力は低くなってしまうそうで…

 

ものすごく残念ではありますが、正直長丁場になっても勝てるとも限らないですし、早くこの問題から解き放たれたいという気持ちもありましたから、納得している部分もあります。

 

なんでこの件をブログに書いたかというと、

やっぱり毎日ヒイヒイ言いながら地獄みたいな仕事をしている人がいるわけで、そういった人に何か足しになればな、なんて思ったのです。

世間知らずの私にとってはとてもいい勉強になりました。

 

ハローワークはあくまでも職を紹介したり人を紹介したりするところなので、労働環境の訴えは労基に行きましょう。

でも今回やってみて、労基もそれほど矯正力はないような印象を受けました。若いにいちゃんだったからかわかりませんが。

 

今回は私は父に弁護士を紹介してもらいましたが、ツテのない方は法テラスに相談に行くと対応してくださるそうです。山形ですとナナビーンズの8階だったかに入っています。

 

裁判は結局私は一度も足を運ばずに済みました。弁護士の方が代理人としてやってくれるからです。

弁護士の方との面談は平日の夕方〜夜に行いましたので、この件で仕事を休んだり、とかは無く済みました。

 

ハローワークで、若者チャレンジ訓練という企画で募集している企業はあまりオススメしません。今もやってるのかわかりませんが…。この企画で採用すると企業に対して補助金が出るのですが、だいたい毎月ちょうどその人の給与分くらいの金額が支給されるようで(10万だかそのへん)、本来支払う能力がない企業でも人を雇えたりしてしまえるようです。

 

辞める時はなんとしても転職先を決めてから辞めた方がよいです。メンタルが強い人は別ですけど。

山形テルサハローワークは土曜もやっています。

 

あとは、考え方が合わない(かなり柔らかく表現しました)経営者や上司に対して、いつかわかってくれるとか思わないほうがいいです。

いい年になってもそんな感じならあと一生そんな感じです。ズルズル付き合ってても何も良いことないです。

 

もうちょっと整理して書きたかったのですが、

詳しく書くわけにもいかないのでこんなもんで。

 

未だに社長とその家族が責め立ててくる夢を見ます。

 

ライブの告知。

時間と対バンが変更になりました。

 


7/30(日)
ミュージック昭和セッション
開場17:30/開演18:00
予約¥1,000/当日¥1,500

EnGene. / Red Eye! /
Cheers / スカトロ☆グーニーズ

 

4バンドなので足が疲れずに済みますね。

どしどしお越しください。気合いだけはいつもあります。

 

 纏まらない文になってしまったので、また編集するかも。

 

 

 

 

 

 

 

優しい重力

うっわ〜あと1週間もすればライブじゃん!と既にドキドキしています。

たまにしかライブしないせいで部活の大会に対する緊張に似たものが身体を巡ります。

たくさんライブする人はそんなの考えている暇もないのかもしれません。

 

ツイッターにも書いたのですが、久しぶりということもあってちょっとおめかししたいなとライブで着る服を考えて探していました。

ある程度ビジョンはあるのでそれに当てはまるようなお召し物を探して、昨日やっと揃えたんですが、着てみるとまあ微妙な感じで…

試しに既存の服と一部交換してみるとこれだなという感覚になり、折角買った服はお蔵入りになってしまいました。もったいないお化けのことを考えてしまいましたが、いつかまたライブをすることがあったら活かしてあげたい。

 

なにが言いたいかというとカッコいい服を着てカッコいいライブをする気まんまんだということでした。

 

少しずつ行きますという声も挙がっていて本当にありがたいですね。

一人が相手でも千人が相手でも同じライブやったりたいというふうには頭では思ってますが、いざ予約が増えると身が引き締まる思いは間違いなくあるもんですね。

 

7/30(日)
ミュージック昭和セッション
開場17:00/開演17:30
予約¥1,000/当日¥1,500

EnGene. / Red Eye! / DEATH FLAVOR / Cheers / スカトロ☆グーニーズ

 

本番まで間も無くですが、まだまだ予約を受け付けています。

今のライブハウスのシステムだと、予約するだけして来なくても特にペナルティとかないので、行けるか微妙とかギリギリにならないとわかんねーって人も気軽にどうぞ。

 

当日のご飯も大変楽しみですが、今回はあんまり食べ過ぎないようにしたいです。

 

物販は新しいの作れないのでまあ今までのやつとか目に付いたものを売ります。チェキもノリで買ってほぼ手付かずのものがあるので、ツイッターとかで執拗にそれらしい空リプをし続けたりすると私の目に付いて何か起こるかもしれません。

ぶっちゃけ写真ひとつに500円って高くないかなと思ってたんですけど、自分で自分の好きなバンドのライブとか行くとそれでも欲しいって思うもんなんだなー。でもやっぱり積極的に売る気にはなかなかならないんですが。